スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guitar Rarities Vol. 2 01

rarities2
1 Sweet Georgia Brown Elliott, Harris, Mairants, Young 3:02
2 Swinging on Strings Elliott, Harris, Mairants, Young 2:38
3 Hittin' on All Six Cali, Gattuso 2:27
4 Violetta Cali, Gattuso 2:59
5 A Pretty Girl Is Like a Melody Whiteman 2:58
6 Soft Lights and Sweet Music Whiteman 2:41
7 The Toy Trumpet Whiteman 2:50
8 Minuet in Jazz Whiteman 2:38
9 A Study in Brown Cali, Gattuso 3:06
10 Swinging Guitars Cali, Gattuso 2:20
11 Cariña Cali, Gattuso 3:10
12 Satan Takes a Holiday Cali, Gattuso 3:24
13 Nagasaki Vallée 2:40
14 Oh, Lady Be Good Whiteman 2:54
15 Liza (All the Clouds'll RollAway) Whiteman 3:15
16 Japanese Sandman Whiteman 3:06
17 Raggin' the Scale Whiteman 2:23
18 Stage Fright Kress, McDonough 2:59
19 Swoon of a Goon Barnes, Varner 2:30
20 G Minor Spin Barnes, Varner 2:25
21 Funny, Funny, Funny, What a Dime Can Do Osborne 3:11
22 You're Gonna Get My Letter in the Morning Osborne 2:37
23 No Moon at All Osborne 2:34

地道に訳した甲斐がありました
言葉の壁というのは大きいですけれども、答えが分かれば楽しいもの
ライナーの内容をハイライト的に紹介します
今回はVol.1とは違い、ギターの歴史にスポットを当てているようです

まず冒頭にプロデューサーのDwight Deason氏は語ります
1930年と40年代のギタリストたちは、エディ・ラングやチャーリー・クリスチャンのような賞賛を得れなかった。
私と友人のマーティ・グロスはそういったギタリストの音源を再発行されて当然だと考えており
今回のプロジェクトに乗り出し、結果、2つのCDになりました
とあります。

Dwightさん、グロスさん良いアルバムを発行してくれてありがとう、と叫びたくなります

ここからはマーティ・グロスの解説です
21世紀になり、この50年でギターはもっともポピュラーな楽器となりました
出版物やギタリストのための教則ビデオなどは成長産業となりました

しかし、それは始めから約束されたものではありません
ほとんどのアメリカ人はギターはカントリーやヒルビリー音楽、スペイン音楽や南米音楽のものだと思っており
その頃の名ギタリストといえばラテンアメリカやイタリア人での構成が多く、アメリカでは主流にはなりませんでした
楽器としての地位が高かったのはピアノ、バイオリンで、ギターはキャンプやピクニックのときくらいにしか使われませんでした

しかし、ギターにも活躍の場がありました、それはダンスバンドや、ラジオ・オーケストラやジャズ・コンボのリズムセクションです
1930年代のダンスバンド・ギタリストは98パーセントリズムのために弦をかき鳴らしているだけでした
例外的に、20年代と30年代にはエディ・ラング、ロニー・ジョンソン、ディック・マクドノウー、テディー・バンそしてカール・クレスがギターでソロをとりました
ほとんどのリズム・ギタリストはほとんどソロを取らず、1握りの革新的なプレーヤーにより、イントロや、ピックアップ部分に短いソロを取るようになりました

30年代のラジオは15分間のプログラムが主流で、ピアノのデュオがメインに行われており
キャスターはそこにスパイスとしてギターデュオを挿入しました
ここでのプレーヤーはジョン・カリとトニー・ガットゥーゾ、ハリー・ボルピとフランク・ヴィクター、カール・クレスとディックマクドノウ、イヴォ・マイランツとアルバート・ハリス

このアルバムでのプレイでアドリブがほとんど行われていないのは、プレーヤーが原因ではなくレコーディングのための規格と一致しなければならなかったためです(SPレコードは最大でも4分半)

ここまでがライナーその1



どうでしょうか
SPレコードの規格などをはじめから知っていれば気がつくことですが、当時の流行や機械性能のために
演奏する側にルールを設けていたとは、アナログ時代だからこその目からウロコ情報ですね

じっくりと書いていきます

その二へ続く

このアルバムを注文する






テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Tip-Toe Thru' the Tulips


1. Tiptoe Through the Tulips With Me
2. Painting the Clouds With Sunshine
3. Pickin' the Guitar
4. My Best Girl
5. Brown Eyes, Why Are You Blue?
6. Sleepy Time Gal
7. Cup of Coffee, A Sandwich and You
8. Always
9. My Bundle of Love
10. Bye Bye Blackbird
11. Looking at the World Thru' Rose-Coloured Glasses
12. I'm Looking over a Four-Leaf Clover
13. So Blue
14. Side by Side
15. My Blue Heaven
16. Without You, Sweetheart
17. I'll Get By (As Long as I Have You)
18. Singin' in the Rain
19. You're Driving Me Crazy
20. Lady, Play Your Mandoline
21. Evening in Caroline
22. All of Me
23. Apple for the Teacher
24. Go Fly a Kite
25. Over the Rainbow

今回はニック・ルーカスのアルバム紹介で、1923-1939年までの曲を集めたものになっています
ニック・ルーカスは「ニック・ルーカス スペシャル」としてギターメーカーのギブソン社がはじめてシグネイチャーモデルを作ったことでも有名なボーカリスト、ギタリストです
戦前ジャズが好きな方ならご存知と思われますが、先に紹介したアルバムyazoo Pioneesr of the Jazz Guitarにもニック・ルーカスの演奏が入っています
そのアルバムでは2曲ほどインストのギター曲が入っているだけなのですが、今回は歌ものに加えPioneesr of ~に入っているPickin' the Guitarの別テイクというマニアックなチョイスです

はじめて聞いたときは「なんじゃこら!ニック・ルーカス声高ぇー!」と少々戸惑いましたが、聞いてくるにつれその声質も気にならなくなり、歌いながらのギタープレイの凄さにどんどん惹かれていきました

モダンジャズファンからすれば、聞いた事のないスタンダードがあるかもしれませんが、いくらかはモダンでも演奏される曲も入っているのが面白いところ
低音を強調した伴奏もさることながら、コードソロプレイや単音プレイもセンス抜群です

表題のTiptoe Through the Tulips With Meはウクレレ演奏などでもたまに聴く古典です
その他4. My Best Girl(My Girl Sal)や 14. Side by Side 15. My Blue Heaven 18. Singin' in the Rain 19. You're Driving Me Crazy 22. All of Me 25. Over the Rainbow など、ボーカルもののスタンダードがぎっしりです。その他は僕が知らなかっただけかもしれません

このアルバムは20~30年代の音楽の雰囲気が十分伝わってきます、ヴァースを削らない原曲を聴けることや歌い方やギタースタイル(これはニック・ルーカスのオンリーかもしれませんが)などが聴きどころとなっています

◎最近の哀愁漂うジャズボーカルに飽きた

◎アコースティックギターでジャズ伴奏をしているアルバムを探していた

◎20年代30年代のジャズスタンダードを探していた

◎ニック・ルーカスのギタースタイルを追求したい

◎Pickin' the Guitarの別テイクがどうしても聞きたい

という人にお勧めします


このアルバムをAMAZONで注文する

携帯から注文

その他Nick Lucasのアルバムを探す

Guitar Rarities Vol.1 その3


かなり更新が遅れていました
年明けは余裕があると思っていたのですが、前の記事から2ヶ月も開いてしまいました、苦手な英訳というのも原因のひとつかもしれませんが、その間に発見したアルバムもありますので、またご紹介を

そして前回からの引き続き

ここからはフランク・ヴィクターとハリー・ボルピのデュオ
36年に録音されたとは到底思えないアコースティックのジャズギターデュオ。もちろん素晴らしい内容です。
単純な構成ではなく、この時代のブルースやジャズを通り越して、1作1作が新しい音楽のようです
15. Sweet Strings
その名のとおり甘いメロディの曲で、メロディもバッキングもアーチトップの音色にどっぷりと浸かれます

16. Fantasy on Old Folks
この曲は、この記事を書くまで気づかなかったのですが
フォスターのスワニー河ですね!
音源だけ聞くと非常にアレンジが工夫されていてスワニー河だと気づかずに曲名を見て「Fantasyな世界やなぁ」などと思っていました
ライナーにはこれはジャズ的な要素を持たない演奏で、イタリアのストリング演奏者のヴァーチュオーゾスタイルで行ったとあります
「アメリカ音楽の父」の演奏を「イタリアのヴァーチュオーゾ」が演奏してみた、という異文化のミックスをこの時代の音源で楽しめます

17. Pagan Fantasy
題名のようなファンタジー感はあまり得られませんが、シリアスな雰囲気のするジャズギターデュオ
二人の完璧に息の合ったプレイには感動です


ここからはジョージMスミスの演奏で、バックにストリングスオーケストラを迎えての演奏
18. Strollin' Thru Manhattan
邦訳すれば「マンハッタンの散歩」でしょうか
ライナーによると「ギターがいつも主にスペインの音楽に関連しているので、作曲家のスミスは、ギターの持つ多才さを例証するよう努力しました」
そして彼は次のようにニューヨークでの旅を表現しました
A.散歩
B.5時のラッシュ
C.カルチェ・ラタン
D.真夜中のハドソン川での休憩「バイオリンの美しい和音に注目」
この3分以内の間に、46年のNYを満喫できます

19. Whirlwind
「旋風」その名のとおり、単音ソロもバッキングもハイスピードで駆け抜ける軽快な曲です

20. Easy Like
21. Fretted Harmony
22. Swingin' the Scale
フランク・ヴィクターとハリー・ボルピのデュオ
ラング、マクドノウといった先人たちのギターデュオをさらに推し進めた、アコースティックジャズギターデュオの金字塔といえるでしょう。
これはスタンダードなスタイルの曲、循環のような進行でバッキングもソロも思う存分参考になります

23. Bang! Bang!
このアルバムの最後はジョージMスミスの演奏で締めくくられます
バックにストリングスオーケストラが入っていますが、ほぼソロギターとも言える様な内容で
アコースティックギターを使っての凄まじいテクニックを見せつけられます


このアルバムを書いている間に、モグリはいなくなったでしょうか?
ラング、クレス、マクドノウの時代より少し後のギタープレイヤーの演奏を、心行くまで堪能できる内容できること間違いなしです
vol2もありますがそれはまた別の機会に

Guitar Rarities, Vol.1: 1934-46をAmazonで注文する

Guitar Rarities Vol. 2: 1934-46をAmazonで注文する

Guitar Rarities Vol.1 その2


さてさて、前回からの続きですが
ブックレットのマーティグロスのライナーも参考に進めたいと思います

ボビーシャーウッドとハリーブルーストーンのデュオ、素晴らしいです
やはりシカゴスタイルからスウィングになるにつれ、リズムの雰囲気がラング、ベヌーティと比べ変わってきたと解釈しています

5. Am I Blue?
ブルーストーンの甘いトーンを出すバイオリンプレーは素敵ですが、シャーウッドのギターが人気博しました
6. Spring Fever
7. Summer Madness
8. Autumn Harvest
9. Yankee Doodle Plays a Fugue
はアルバート・ハリスとIvor Mairantsのデュオ、ここでは主にアルバート・ハリスがメインパートをとり
アコースティックなジャズギターデュオの真髄に迫ることができます
YazooのPionner of Jazz Guitarの、ジョン・カリとトニー・ガットゥーソのデュオに近いスタイル

次はIvor Mairantsがオーケストラをバックに従え本領発揮です
10. Two Moods
この時代だからありうる、フレディ・グリーンもブライアン・セッツァーもゲイトマウスブラウンもやらないスタイルで、ビッグバンドをバックにアコースティックのジャズギターがメインでリフを取りまくる、題名の通りムード感漂うメロディーです

11. In Charlie's Footsteps
このチャーリーとはチャーリー・クリスチャンのことで、クリスチャンスタイルのギターで弾きたおしています
Ivor Mairantsは23歳で他界したクリスチャンの死後に、彼を称賛したとあります

次は他ではあまり聞かない名前かもしれませんが、ジョージ M スミスです
ライナーより
ジョージMスミスは1912年にNew York Cityで生まれました。
彼は15歳のときに家族でロサンゼルスに移り、 彼はバンジョー奏者として仕事を始めましたが、カール・クレスのギタープレイを聞き、ギターに没頭しました
彼の才能はすぐに映画撮影所で音楽監督の目にとまります
'30年代にフォックスのパラマウントのスタッフギタリストとして働きMGMなど、無数の記録に取り組みました
「George M. Smith Modern Guitar Melhod for Rhythm and Chord Improvisin」
という教則本はジャズギタリストにとって、最もすばらしいマニュアルの1つです

とマーティグロスも賞賛していますが、ジョージMスミスの演奏は完璧です、パイオニアたちの演奏を寄りハイレベルに完成させたスタイルだと言えます
12. Carlotta
Carlottaはスミスが1946年に弦楽四重奏曲とともにソロギターのアルバムのために書いた独創的な作品の1つです。 断片的にジプシーとフラメンコギター音楽へ、敬意を表しています

13. Slow Burning
おそらく40年代のタバコスローガン'からタイトルがきています
78rpmのアルバムのオリジナルの小冊子には「ギターがふくよかな和音スタイルをプレーしているリズミカルな構成」とありました
2番目の緊張感漂う部分ははギターと弦楽四重奏曲の間で会話していような演奏

14. Test Pilot
ジョージ・M.スミスはトップギタリストでした。 彼の軽快なテクニックと彼の好奇心をそそるメロディーはもっと聴きたいと思わされます


いやいや、一曲一曲が素晴らしいので、すこしずつしか進みませんが続きはその3で

その3に続く

Guitar Rarities, Vol. 1: 1934-46をAmazonで注文する

George M SmithのModern Guitar Chord Techniqueを注文する

Guitar Rarities Vol.1 その1


1. Cat Calls
2. Dedication to Eddie Lang
3. Kalaidoscope
4. Kiddin' on the Strings
5. Am I Blue?
6. Spring Fever
7. Summer Madness
8. Autumn Harvest
9. Yankee Doodle Plays a Fugue
10. Two Moods
11. In Charlie's Footsteps
12. Carlotta
13. Slow Burning
14. Test Pilot
15. Sweet Strings
16. Fantasy on Old Folks
17. Pagan Fantasy
18. Strollin' Thru Manhattan
19. Whirlwind
20. Easy Like
21. Fretted Harmony
22. Swingin' the Scale
23. Bang! Bang!

2009年明けましておめでとうございます
今年もまだまだ紹介しきれていないアルバムの紹介を、更新を怠らずにしていきたいと思います

年明け一発目は、Guitar Rarities Vol.1です!
よくある「この世界で知らない人はモグリ」と言われるアイテムの一つ!!
1920年代~30年代に活躍したジャズギターのパイオニア、エディラングスタイルの後継者たちにあたるのでしょうか、この録音は34年-46年でプレイヤーは
Albert Harris
Bobby Sherwood
Ivor Mairants
George M Smith
Frank Victor
Harry Volpe 

です!!!どうですか!
と言っても、日本ではおそらく一般にはほとんど浸透していないギタリストかもしれません

僕も初めて聞いた時は誰一人知りませんでした
しかし、カール・クレスやディック・マクドノウなどジャズギターパイオニアに興味のある僕にとってはバイブル的存在にあたるほど素晴らしい内容です
内容はほぼデュオで、他にビッグバンドものやバイオリンとのデュオ
アコースティックのアーチトップギターを心ゆくまで堪能できます。
まさにアーチトップファンの、アーチトップギターによる、アーチトップファンのための、アルバムと言えます


あまりに情報が多いので今回は慎重に何度かに分けて紹介したいと思います
おそらくこのCDの日本版は出ないと思いますので、恐れ多くもライナー情報を翻訳したいと思います
著者はマーティ・グロス御大
以下ライナー抜粋とレビューです

「アルバート・ハリス」
英国生まれ。10代の頃にアコーディオン奏者として働き、17歳で給料の代わりにギターをもらい、すぐにそれを気に入った彼は2年後マダム・タッソーズダンスオーケストラで録音しました、そして彼はイギリスのトップジャズギタリストになりました、コールマン・ホーキンスやベニー・カーターなどのスタープレイヤーと「アンブロウズとルーストーンオーケストラ 」でレコーディングしました
1938年にジョージバンエプスの助けを借りてロサンゼルスに移り、50年代には映画テレビの仕事に専念ました

「バート・トーマス」
1. Cat Callsでのハリスのパートナーはバンジョーとギター奏者のバート・トーマスで
この録音はイギリスでの最初のジャズギターデュオです

2.Dedication to Eddie Lang
エディラングに捧げるという意味ですが
プレイスタイルはディックマクドノウに近いと言えます

リズムギターはイギリスの最も多能なダンスの伴奏をするバンドとスタジオギ
タリストのひとりIvor Mairantsです

「アイボア マイランツ(?)」
Mairantsは1908年、ポーランド生まれ。
1914年にロンドンに移住して、1927年からあらゆるイギリスのオーケストラで、ラジオ、テレビ、フィルムのために演奏したギタリストです
ジャズ、フォーク、ブルース、フラメンコ、古典的なスタイルまで精通していました
この軽快で活発なフィーリングは、イギリス人のミュージシャンがアメリカのジャズをどれくらいよく吸収していたかを示しています。
(ライナーにはコードの10thを使うアルペジオプレイをチャレンジしてみてください。とあります)

3. Kalaidoscope
ギターデュオでシングルノート・ライン、30年代にポピュラーだったギターでの「ピアノ・スタイル」アプローチです
後にエレキギターがシーンに出合い、ギタリストがサックスラインをコピーし始めた時、このスタイルは衰退しました。
なるほど、やはりエレキギターの到来でギターのスタイルが劇的に変化したことがここで分かります
ここではマクドノウスタイルに近いデュオが聴くことができます

4. Kiddin' on the Strings
ヴェヌーティとラングを髣髴とさせるアップテンポのバイオリン、ギターのデュオ

「ボビー・シャーウッド」
音楽家の家族に生まれた彼は幼少の頃にピアノ、ギターおよびトランペットをマスターしました。
30年代中期にボズウェルシスターズの伴奏をし、また、1938年までには、彼は売れっ子なハリウッド・スタジオ・プレーヤーでした。
45年にはバン・エプススタイルのギターと共に歌も歌ったそうです

「ハリー・ブルーストーン」
バイオリニストHarry Bluestoneは彼がチャーリー・バーネット、グレン・ミ
ラー、およびドーシーブラザーズと共にレコードに吹き込んだニューヨークで始め
ました。 '30年代に彼は需要の多いセッションプレーヤーになりました。
この録音がベヌーティとラングのデュエットにたとえられるのは当然です
(ライナーでは、ヴェヌーティたちにも劣らないと言っています)

その2に続く

Guitar Rarities, Vol. 1: 1934-46をAmazonで注文する

その他のBobby Sherwoodのアルバム

その他Ivor Mairantsの楽譜
ヨツギリTwitter
ヨツギリTwitter
プロフィール

Sassa1981

Author:Sassa1981
戦前、戦後ジャズギター愛好家です

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。