FC2ブログ

RANDY SANDKE MEETS BIX BEIDERBECKE

BIXrandy

久々、投稿のギターはMarty Groszを取り上げます。本アルバムはトランペットのRandy Sandkeがリーダーで、Bixを題材にしたライブアルバムです。
BixがJean Goldkette楽団やFrankie Trumbauer楽団にいた頃に録音した、有名曲を中心に構成されています。

グロスのギターや他でも録音しているChangesの歌もなかなかの完成度ですが、メンバーはRandy Sandk(Tp) Dan Barrett(Tb) Ken Peplowski(Cl)Scott Robinson(BaS,Cs) Mark Shane(Pf) Linc Milliman(Ds)
と錚々たる顔ぶれ!
CメロサックスでのSingin' the Bluesの再現度や、My Pretty Girlの迫力はトッププレイヤーだからこそのアンサンブル。
あらためてBixを聞きなおすには最適なアルバムです。

こんなバンド、組みたい!


1.Fidgety Feet
2.Tia Juana
3.Davenport Blues
4.My Pretty Girl
5.Singin’The Blues/I’m Comin’ Virginia
6.Changes
7.When
8.Because My Baby Don’t Mean Maybe Now
9.Sorry
10.Wait Till You See Ma Cherie
11.Riverboat Shuffle
12.China Boy
13.My Melancholy Baby
14.At The Jazz Band Ball
15.I’ll Be A Friend With Pleasure
16.Clarinet Marmalade
17.Sweet Sue

◎Bix Beiderbeckeの熱狂的なファンだ。

◎Jean Goldketteの熱狂的ファンだ。

◎いやいや、Singin' the Bluesの魅力はBixのソロじゃなくてトランバウアーのテーマだ。

◎ケン・ペフロフスキーにちょっと興味がある。

◎Bixのアルバムってノイズ多いんじゃないの?高音質で聞きたいんだけど。

と言う方にオススメです。

このアルバムを注文する。

その他Randy Sandkeのアルバム

その他Marty Groszのアルバム


動画もあるよ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヨツギリTwitter
ヨツギリTwitter
プロフィール

Sassa1981

Author:Sassa1981
戦前、戦後ジャズギター愛好家です

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR