スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C'est Si Bon/Neil Andersson


Neil Andersson(g) Michel Jaap(pf) Susan Pascal(vi)
Chris Monroe(dr) Rick Leppanen(b)

1 Boheme Auberge (03:44)
2 Ciel Azur (05:18)
3 Nuits de Saint Germanine des Pres (04:01)
4 Rive Gauche (04:03)
5 Fleche d'Or (03:29)
6 Emerald City Blues (05:02)
7 Tenderly (04:49)
8 Douce Ambiance (05:17)
9 Melodie au Crepuscule (04:57)
10 C'est Si Bon (05:26)
11 Stardust (04:28)

このCDはジプシースウィング専門のネットラジオを聞いていたときに偶然かかって
「これはかっこえぇやん!」と思い、速買いしたという思い出があります

アルバム名は「C'est Si Bon」ですがこのCDでのベストはStardustです!
ネットラジオで聞いていたときに、この前後はジャンゴやビレリラグレーンなどの
バリバリのジプシー音楽で、このStardustがかかったときにグっとくるものがありました。

Neil AnderssonはPearl Djangoというバンドのギタリストで、マカフェリギターを
アコースティックだったり、ピックアップから出したりうまい事使い分けて聞かせてくれます。

オリジナルも混ぜつつ3 Nuits de Saint Germanine des Pres 8 Douce Ambiance など、
ジャンゴの曲もカバー。バラードの7 Tenderlyも心地よいです
それでもやはり10 C'est Si Bon と11 Stardustは軽快にスウィングしていてすごく良いです
バンド編成もピアノやビブラフォンが入りモダン寄り。

ジャンゴとモダンの中間を行く、Neil Anderssonのギターはすごく気持ちいですよ。

このアルバムをAmazonで注文する

その他Neil Anderssonの作品を探す


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヨツギリTwitter
ヨツギリTwitter
プロフィール

Sassa1981

Author:Sassa1981
戦前、戦後ジャズギター愛好家です

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。