スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guitar Rarities Vol. 2 07

rarities2


続き、最終回です

21 Funny, Funny, Funny, What a Dime Can Do
22 You're Gonna Get My Letter in the Morning
23 No Moon at All Osborne

ラストを飾る3曲は、メアリー・オズボーンによる歌とギターの演奏です
これらは1947年に録音されたもので、他とはうって変わって陽気な内容となっています
歌とエレキソロはメアリー・オズボーンで、クリスチャンのようなグッとくる演奏を聴かせてくれます。リズムはHy White、少しマイナーな知名度ですがビッグバンドでも活躍する、心地よいヨツギリを奏でます

ここでブックレットの抜粋解説
メアリー・オズボーンは1921年ノースダコタで、音楽一家のもとに生まれました
彼女はまずウクレレに取りかかりギターに転向。チャーリー・クリスチャンの演奏を聞きエレキギターを持つようになりました
1940年までに、彼女はピッツバーグのラジオ放送局で働いており、一連のオーケストラで演奏した後、1年後にジョー・ヴェヌーティによ雇われました。メアリー・ルー・ウィリアムズ、コールマン・ホーキンス、有名なジャズマンと競演し、1945年にニューヨークシティーに定住しました
これらの楽曲はジャズというよりも、50’sポップスに近いかもしれません。ギターは少しだけですが、ファンはもっと聞きたくなるような素晴らしいソロです

ファンからすれば違うと言われる、かもしれませんがペギー・リーやジューン・クリスティがビッグバンドのフロントで歌っていたような雰囲気を、小編成で演奏しているような感じです

このアルバムはVo1に比べるとバラエティに富んだ内容になっていて、マニアックなギターファン以外にもオススメできる内容です。時系列でギターの歩みを知ることも可能です



抜粋翻訳はなかなか大変でした。この後しばらくは通常のレビューをしたいと思います

廃盤になりつつあるかもしれないこのアルバム、根気よく探してみてください


◎パイオニアジャズギター物が好きなのに、このアルバムは持っていない

◎四つ刻みのリズムギターが好きと言っているのに、このアルバムは持っていないモグリだ

◎アラン・リュースについて、もっと音源を求めている

◎ギターデュオの歴史に触れたい

◎ギターのマニアックな部分の深みにハマりたい

◎ジョン・カリって、トニー・ガットゥーソの義理の父ってほんまかいな!?


という方にオススメします


このアルバムを注文する

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヨツギリTwitter
ヨツギリTwitter
プロフィール

Sassa1981

Author:Sassa1981
戦前、戦後ジャズギター愛好家です

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。