スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Just Friends / Rick Hydon Jhon Pizzarelli

just


1. Chasin' the Blues
2. Two Funky People
3. Sometime Ago
4. Halley's Comet
5. Look For the Silver Lining
6. Samba De Orfeu
7. It's A Wonderful World
8. Old Folks
9. Perdido
10. Tony's Tune
11. Just Friends

またまた、抜粋翻訳をしている間に1ヶ月経ってしまったので、まだ紹介していないアルバムを持ってきました。
リック・ハイドンとジョン・ピザレリのアルバム。両名とも7弦ギタリストです。リック・ハイドンは他ではあまり聞かない名ですが、大学教授やジャズプレーヤーなど多岐にわたる活動をされている方のようです。「誰かが低音を引いていればもう一人は高音を埋めないといけない」とリックが言っていたとジョン・ピザレリの教則DVDでも名前が出てきます。

このアルバムはジョンの父バッキーをはじめ、ジャズギターの巨匠たちへのトリビュートがテーマです。
ジョン・ピザレリの四つ刻みはいつもどおり軽快で、今回は歌の無い曲ばかりなので、ギターソロも力が入っているように感じます。リック・ハイドンのギターはモダンよりのプレイでなかなか聴き応えがあります。
バッキーはこのアルバムに「この2人は伝統的なギタリスト、ジョージ・バーンズやジョージ・ヴァン・エプスの次世代のギタリストだ!」とコメントを寄せています。

1. Chasin' the Blues バッキーに捧げた曲で、リックのお気に入りである、アル・コーンとズート・シムズのアルバムAl and Zoot収録曲です。このアルバムから他3曲取り上げています。ユニゾンのテーマが面白い、こ洒落た曲です。ヨツギリだけに留まらない、ジョンのバッキングは参考になります。

2. Two Funky People 先ほど紹介したアルバムにも収録されており、ジョン、バッキー親子でも演奏しているアルバムがあります。
これもハーモニーが面白い、2トップでの編成であれば心地いいテーマです。

3. Sometime Agoこの曲はタル・ファーロウの演奏で有名な曲。アンニュイなイメージのテーマがで印象的です。ジョンはタッピングハーモニクス奏法でソロを取ります。なかなか高度なテクニックなので、その正確さには驚かされます。

4. Halley's CometこれもAl and Zootからの曲で、チャーリー・クリスチャンに捧げています。マイナーの曲でベニーグッドマン風のスウィング曲です。

5. Look For the Silver Lining煙が目にしみる、やAll the things you areなどで有名なジェローム・カーン作曲のスタンダード。チェット・ベイカーシングスにも収録されています。ここではジョージ・ヴァン・エプスに捧げるとあるように、エプス奏法風に演奏しています。

6. Samba De Orfeu オルフェのサンバ、作曲家・ギタリストのルイス・ボンファに捧げる曲。軽快なジャズボサアレンジです。ラテンのバッキングの刻み方は参考になりそうです。

7. It's A Wonderful World サッチモのWhat a Wonerful…とは違うスタンダードです。心地よいミディアムテンポでマーティ・グロスも演奏するスウィングでは有名な曲のようです。

8. Old Folksリック・ハイドンがトリオで演奏しています。オールドフォルクスとは、古い世代の人たち。といった意味で南北戦争の爺様方の事を言っているのだと思います。パット・メセニーの演奏でも有名で、哀愁の漂うメロディが印象的です。

9. Perdido デューク・エリントン楽団で演奏された楽曲で、ここではジョー・パスとハーブ・エリスのSeven come Elevenのアルバムを意識して演奏しています。

10. Tony's Tune スタンダードのI love youによく似たメロディを持つこの曲はトニー・モットーラのオリジナル曲です。イージーリスニングよりのアルバム、Heart and Soul Guitarに収録され、Melbayから出版されているMASTERS OF PLECTRUM GUITARという楽譜にも掲載されています。アレンジはボサノバで2人のプレイにマッチしています。

11. Just Friends ただの友達、といった意味になる失恋曲。軽快なテンポで演奏されることが多く、メロディもキャッチーなのでジャズファンに支持されるスタンダードです。ギターではパット・マルティーノの演奏で有名ですが、ここではジョージ・バーンズに捧げるとあります。後半に出てくるリフはレス・ポールが得意とするものです。表題にするほどなので、2人の気合の入ったソロで展開されます。

リリースは2005年で即効で買った覚えはあるものの、アップするのがだいぶ遅れました。説得力のある、バップ系ギタリストの演奏とは違いますがなかなか楽しめるアルバムだと思います。

◎おしゃれなギタースタンダードアルバムを探している

◎7弦ギターに興味がある

◎ソロに本気を出したジョン・ピザレリの演奏を聞きたい

◎Tony’s Tuneの楽譜は持ってるけど、どんな曲なの?

という方にオススメします

このアルバムをAmazonで注文する
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヨツギリTwitter
ヨツギリTwitter
プロフィール

Sassa1981

Author:Sassa1981
戦前、戦後ジャズギター愛好家です

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。