スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guitar Rarities Vol. 2 01

rarities2
1 Sweet Georgia Brown Elliott, Harris, Mairants, Young 3:02
2 Swinging on Strings Elliott, Harris, Mairants, Young 2:38
3 Hittin' on All Six Cali, Gattuso 2:27
4 Violetta Cali, Gattuso 2:59
5 A Pretty Girl Is Like a Melody Whiteman 2:58
6 Soft Lights and Sweet Music Whiteman 2:41
7 The Toy Trumpet Whiteman 2:50
8 Minuet in Jazz Whiteman 2:38
9 A Study in Brown Cali, Gattuso 3:06
10 Swinging Guitars Cali, Gattuso 2:20
11 Cariña Cali, Gattuso 3:10
12 Satan Takes a Holiday Cali, Gattuso 3:24
13 Nagasaki Vallée 2:40
14 Oh, Lady Be Good Whiteman 2:54
15 Liza (All the Clouds'll RollAway) Whiteman 3:15
16 Japanese Sandman Whiteman 3:06
17 Raggin' the Scale Whiteman 2:23
18 Stage Fright Kress, McDonough 2:59
19 Swoon of a Goon Barnes, Varner 2:30
20 G Minor Spin Barnes, Varner 2:25
21 Funny, Funny, Funny, What a Dime Can Do Osborne 3:11
22 You're Gonna Get My Letter in the Morning Osborne 2:37
23 No Moon at All Osborne 2:34

地道に訳した甲斐がありました
言葉の壁というのは大きいですけれども、答えが分かれば楽しいもの
ライナーの内容をハイライト的に紹介します
今回はVol.1とは違い、ギターの歴史にスポットを当てているようです

まず冒頭にプロデューサーのDwight Deason氏は語ります
1930年と40年代のギタリストたちは、エディ・ラングやチャーリー・クリスチャンのような賞賛を得れなかった。
私と友人のマーティ・グロスはそういったギタリストの音源を再発行されて当然だと考えており
今回のプロジェクトに乗り出し、結果、2つのCDになりました
とあります。

Dwightさん、グロスさん良いアルバムを発行してくれてありがとう、と叫びたくなります

ここからはマーティ・グロスの解説です
21世紀になり、この50年でギターはもっともポピュラーな楽器となりました
出版物やギタリストのための教則ビデオなどは成長産業となりました

しかし、それは始めから約束されたものではありません
ほとんどのアメリカ人はギターはカントリーやヒルビリー音楽、スペイン音楽や南米音楽のものだと思っており
その頃の名ギタリストといえばラテンアメリカやイタリア人での構成が多く、アメリカでは主流にはなりませんでした
楽器としての地位が高かったのはピアノ、バイオリンで、ギターはキャンプやピクニックのときくらいにしか使われませんでした

しかし、ギターにも活躍の場がありました、それはダンスバンドや、ラジオ・オーケストラやジャズ・コンボのリズムセクションです
1930年代のダンスバンド・ギタリストは98パーセントリズムのために弦をかき鳴らしているだけでした
例外的に、20年代と30年代にはエディ・ラング、ロニー・ジョンソン、ディック・マクドノウー、テディー・バンそしてカール・クレスがギターでソロをとりました
ほとんどのリズム・ギタリストはほとんどソロを取らず、1握りの革新的なプレーヤーにより、イントロや、ピックアップ部分に短いソロを取るようになりました

30年代のラジオは15分間のプログラムが主流で、ピアノのデュオがメインに行われており
キャスターはそこにスパイスとしてギターデュオを挿入しました
ここでのプレーヤーはジョン・カリとトニー・ガットゥーゾ、ハリー・ボルピとフランク・ヴィクター、カール・クレスとディックマクドノウ、イヴォ・マイランツとアルバート・ハリス

このアルバムでのプレイでアドリブがほとんど行われていないのは、プレーヤーが原因ではなくレコーディングのための規格と一致しなければならなかったためです(SPレコードは最大でも4分半)

ここまでがライナーその1



どうでしょうか
SPレコードの規格などをはじめから知っていれば気がつくことですが、当時の流行や機械性能のために
演奏する側にルールを設けていたとは、アナログ時代だからこその目からウロコ情報ですね

じっくりと書いていきます

その二へ続く

このアルバムを注文する






スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ヨツギリTwitter
ヨツギリTwitter
プロフィール

Sassa1981

Author:Sassa1981
戦前、戦後ジャズギター愛好家です

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。