スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Trio / Perterson Pass Pedersen


1. Blues Etude
2. Chicago Blues
3. Easy Listening Blues
4. Come Sunday
5. Secret Love

新年あけてフラフラとタワーレコードに行ってみるとバーゲンシーズンだからかデフレだからか、ジャズCDの価格破壊が行われていました
名盤が1000円で買えるというキャンペーン!
マイルスやモンクのアルバムなど、モダンジャズを語るには欠かせないものがほぼ1000円
デフレスパイラルに陥る可能性はあるにしても、ジャズをこれから聴くという人には良い機会かも

そんな中、見つけ出したのがこのアルバム
以前グラッペリ、ピーターソン、ジョーパス、ペデルセン四人のアルバムを紹介しましたが、今回はそのグラッペリのいないトリオ編成

ヨツギリものではないのですが、モダンジャズ特有の渋みだけを求めているものではなく
オスカーピーターソンのハッピーなフィーリングとジョーパスの渋みがうまく絡まって絶妙な味をだしています。もちろんペデルセンもすばらしい

1. Blues Etude 直訳すると「ブルース練習曲」ですが聴いてみてください。アホかい練習曲なわけないやろ!!というくらいブッ飛んだピーターソンの高速プレーです
「その昔有名なピアニスト・アートテイタムの演奏を聞いたピーターソンは、その演奏能力の高さに2週間ピアノを触らなかった」などというくだらない都市伝説がありますが、この演奏はそんな話が眉唾だと証明されるものです
白熱したトリオのグルーブもさることながら、ピーターソン単独でのブギウギピアノソロなど、ハッピーフィーリングがバリバリと出ています
2. Chicago Blues
高速な演奏が来た後も手数勝負な演奏がきてしまうと、テクは凄くても飽きてしまうという事が多々ありますが、ここはしっかりツボを押さえて、ゆったりとしたブルース。題名がシカゴブルースといってもダッダダッダというリズムのエレキブルースの雰囲気ではありません
ジョーパスのギターソロやピアノとギターではなかなかバッキングが難しい所、パスのセンスが光るコンピングも参考になります
3. Easy Listening Blues
やはり一発目で飛ばしすぎたのか、ここでもスローなブルース
テンポも前曲と大差はないですが充分飽きの来ない演奏です
4. Come Sunday
エリントン作曲のナンバー
歌詞を見るかぎりでは黒人霊歌のようなものですがタイトルとは裏腹に辛気臭い内容
ラストを明るくもってくる伏線だと思っても良いかも
5. Secret Love
僕にはあまりなじみはありませんがスタンダード曲
序盤から出ているハッピーフィーリングそのままでスタンダードを料理したという感じです
ジョーパスのソロもこれぞビバップジャズギター!といった内容
最後を締めくくるにふさわしい演奏です

◎暗い雰囲気のモダンジャズギターにはこりごりだ

◎ピーターソンとジョーパスのブルースが聞きたい

◎ピアノがいるときのギターのコンピングを参考にしたい

という方におすすめします
このアルバムをAmazonで注文
その他オスカーピーターソンの作品
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヨツギリTwitter
ヨツギリTwitter
プロフィール

Sassa1981

Author:Sassa1981
戦前、戦後ジャズギター愛好家です

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。