スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Duet / Grappelli & Pizzarelli


1. There's a Small Hotel [Take 1][#]
2. False Start
3. There's a Small Hotel [Master][Take]
4. Tangerine [Alternate Take][#]
5. Tangerine [Master Take]
6. My Blue Heaven [Alternate Take][#]
7. My Blue Heaven [Master Take]
8. Dialogue
9. Folks Who Lives on the Hill
10. Dialogue and Rehearsal
11. Alabamy Bound [Master Take]
12. Willow Weep for Me
13. Blues
14. Have You Met Miss Jones? [#]
15. Have You Met Miss Jones? [Take 1]
16. Have You Met Miss Jones? [Take 2]
17. Dialogue
18. My One and Only Love
19. I'll Remember April [#]
20. I'll Remember April [Master Take]
21. Black Bottom [Rehearsal][#]
22. Black Bottom [Master Take]
23. This Nearly Was Mine
24. Dialogue
25. Tea for Two [#]

「Duet」と言っても、誰と誰のデュエットかといえば!ステファン・グラッペリとバッキー・ピザレリのデュオ!
このアルバムを見つけたときは「こんなものがあったのか!」と大いにテンションが上がりました

僕からすれば2人とも大ベテランのおじいさんのイメージですが、グラッペリ(1908年生まれ)とバッキー(1926年生まれ)という18歳差。アルバムではバッキーがグラッペリが演奏しやすいよう、親切にガイドしている雰囲気が漂います

グラッペリの演奏は言うまでもなく完璧にスウィングしていて、伴奏のバッキーがまた素晴らしい。ベネディットの7弦ギターを使用し、ヨツギリ・コードソロもバリバリ聞かせてくれる上、7弦の分厚いトーンでのウォーキングベースやその合間に入れるコードワークなどデュオ演奏の参考になります、5. Tangerineはその要素が集約された名演です

このCDの上記「#」マークの部分はAltテイクで、このアルバムを歴史的価値のあるコンプリートレコーディングスとでも言いたそうな雰囲気が出ていますが、はっきり言って必要のないテイクばかり
僕は「この偉大な2人のデュオアルバムなのにどうも印象に残らないCDだな」と思っていたのはそのせいです
最近ではパソコンに入れて聞くのが主流なので、「#」部分を省いて聞くのが正解です

「#」部分が不必要だとしても、このアルバムが素晴らしいスウィングデュオアルバムだということには変わりありません

このアルバムをAmazonで注文する

携帯から注文する
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヨツギリTwitter
ヨツギリTwitter
プロフィール

Sassa1981

Author:Sassa1981
戦前、戦後ジャズギター愛好家です

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。