スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tivoli Gardens / Grappelli Pass Pedersen


1. It's Only a Paper Moon
2. Time After Time
3. Let's Fall in Love
4. Crazy Rhythm
5. How Deep Is the Ocean?
6. I'll Remember April
7. I Can't Get Started
8. I Get a Kick Out of You

バリバリのヨツギリものではないですが、グラッペリ、ジョーパス、ペデルセンという僕の好きな最高のジャズプレイヤーのライブCDです。

ステファン・グラッペリは何度かこのブログでも書きました、ジャンゴとタッグを組んでいたスウィングジャズバイオリンプレイヤーです。
ジョー・パスはモダンジャズギタリストでは1・2を争うほど有名、特に有名にさせたのは「ヴァーチュオーゾ」という、ジャズスタンダードをギター1本でテーマもアドリブもバリバリにやってしまうシリーズです。
ソロギターもいいですが、コンボ編成でもバリバリにやってくれます。
ニールス・ヘニング・オーステッド・ペデルセンはオスカーピーターソントリオで有名。ジョー・パスとの録音も多いベーシスト。
ベースについては詳しくないのですが、僕は彼の骨太なトーンとスウィングが好きです。

1. It's Only a Paper Moon からメディアムテンポでグラッペリとジョーパス、ぺテルセンの掛け合いが楽しい。
リズムギターの合間いリフを入れるところがポイントです。
2. Time After Time 3. Let's Fall in Loveはグラッペリのバンドでもおなじみのスタンダードで、ジョーパスのコンピングなど普段のバンドとは一味違った部分が聴きどころ。
4. Crazy Rhythmはかなり早いテンポでグラッペリもジョーパスも文字通りバリバリ弾きたおしており、ぺテルセンのベースも熱が入ったリズムが炸裂しています。
5. How Deep Is the Ocean? はジョーパス、ペデルセンのデュオ。ソロギターに近いコードを交えたギタープレイと、バカテク気味でも説得力のあるベースが絡んでいます。
6. I'll Remember April はジョーパスの音色が生音に近くなり、リズムギターに力を入れています、ソリッドな感じですがヨツギリとコードソロを交えた渋いプレイを聴くことが出来ます。
7. I Can't Get Started  8. I Get a Kick Out of You も、グラッペリバンドでもよく聞くスタンダードで、ジョーパスのヨツギリとペデルセンの力強いベースと共に早いテンポで一気に盛り上げていきます。

ジョーパスはモダンプレイヤーで有名なので、リズムギターのときはヨツギったりしないだろうなぁと思っていましたが、このアルバムではヨツギリ部分もあるし、それをモダンなプレイに巧く処理していると思います。
ヨツギリのみでは飽き足らないという方にはオススメです。

このアルバムをAmazonで購入する

携帯から注文

その他のJoe Pass作品を探す

その他Stephane Grappelliの作品を探す

その他Niels-Henning Orsted Pedersenの作品を探す
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヨツギリTwitter
ヨツギリTwitter
プロフィール

Sassa1981

Author:Sassa1981
戦前、戦後ジャズギター愛好家です

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。