スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hula Girl / Sweet Hollywaiians


1 Hula Girl
2 Honolulu Stomp
3 Dardanella
4 Singin' The Blues
5 Rum And Coca Cola
6 Oh! Anita
7 Milenberg Joys
8 St.Louis Blues
9 Sweet Sue-Just You
10 Caravan
11 You Go To My Head
12 Mexicali Echo

初の日本盤レビューです。
このバンドは何年か前、よく行くレコード屋さんで「スウィングものや初期のジャズが好きならおすすめのバンドがあるよ」と教えてもらい、「こんな近場に古いジャズ等を再現している人達がいたなんて!」と、感動の出会いをした思い出があります。

メンバーは
松井朝敬 Tomotaka Matsui(ギター/ウクレレ/ハワイアンステイールギター/バンジョー/マンドリン/ボーカル)
高田進正 Nobumasa Takada (ギター、ウクレレ、マンドリン、バンジョー、ボーカル)
中山隆志 Takashi Nakayama(ギター、ウクレレ、マンドリン、ボーカル)
堤下功一 Kouichi Tsutsumishita (ベース、ボーカル)
という構成、ぱっと見て分かると思いますがメンバーの楽器の習得数がすごい
おまけに楽器のほとんどがビンテージとくれば、僕のような人間にはたまりません!
ライブではそれらをすべてアンプを通さずアコースティックで演奏してくれます(当たり前ですが)

楽曲は 20年代 30年代のハワイアンやスウィング ジャズ、ラグタイム、イタリアン、カリプソ、等々
1 Hula Girl 2 Honolulu Stompのハワイアンや、4 Singin' The Blues 8 St.Louis Bluesのアーリージャズを
アコースティックなハワイアンスチールをフロントにし、独特なをSweet Hollywaiiansアレンジにしています。

このブログでは特筆すべきなのが「6 Oh! Anita」「12 Mexicali Echo」です
松井氏のギターは戦前ブルースからジャズまで幅広くこなし、6 Oh! Anitaではアラン・リュースやジョージ・バン・エプスを髣髴とさせるプレイが聞くことができます。

12 Mexicali Echoは松井氏、高田氏のデュオ。
以前に紹介した「Pionner of Jazz Guitar」や、「Guitar Rarities Volume 1.2」にみられるような素晴らしいギタープレイです。
9 Sweet Sue-Just Youは心地よいスウィング、高田氏のボーカル曲
10 Caravanはポピュラーなところでいくとベンチャーズでも有名なスタンダード堤下氏のスウィングベースがポイントです。
11 You Go To My Headは宮本晶子氏によるボーカル曲。これらジャズ スィングの曲もはずせません。
曲により変わりますがリズムギターは中山氏で、メンバーの中では一番の若手ですがタイトなリズムを聞かせてくれます。

ギターものやジャズものは渋く歌ものは楽しいこのアルバムは、
アーリージャズ好きからハワイアン、スウィング、チープスーツセレネーダーズなようなルーツ音楽好きにはとっておきの一枚です!

このアルバムをAmazonで注文する

携帯から注文する

その他SweetHollywaiiansの作品を探す
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヨツギリTwitter
ヨツギリTwitter
プロフィール

Sassa1981

Author:Sassa1981
戦前、戦後ジャズギター愛好家です

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。