スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

George Van Eps, Eddie Miller, and Stanley Wright


1. Back Home
2. It's Easy to Remember
3. Ain't Misbehavin'
4. Peg O' My Heart
5. Ol' Pidgeon Toed Joad
6. Once In A While
7. Love Is Just Around the Corner
8. Stars Fell on Alabama
9. I'm Gonna Stomp Mr. Henry Lee
10. I Wrote It For Jo
11. Tea For Two
12. Once In A While
13. Kay's Fantasy
14. I Wrote It For Jo
15. Stanley's Waltz
16. It's Easy to Remember
17. Ain't Misbehavin'
18. Peg O' My Heart
19. Love Is Just Around The Corner
20. Stars Fell On Alabama
21. Stars Fell On Alabama

これは超絶にスンバラシイアルバムです!!
感動しすぎて若干日本語が狂いましたが、それを納得してほしいほどの内容

今回初紹介するジョージ・バン・エプスはジャズ黎明期のジャズギタリストのパイオニアの1人で、7弦ジャズギタリストの第一人者で、バッキー・ピザレリはもちろんこの人に憧れていたという訳ですから、今のスウィングギターの開祖でもありますね
そのスタイルは、ヨツギリ、曲中でのコードソロ、ソロギターどれをとっても完璧です。
バン・エプスは元々ベニー・グッドマンのリズムギタリストで、彼の楽団出身のリズムギタリストはバン・エプス、アランリュース、フレディ・グリーン、スティーブ・ジョーダン、バッキー・ピザレリ、ウェイン・ライト、と僕がブログで紹介したヨツギリギタリストのほとんどがそうです、皆バン・エプスを尊敬していることと思います

晩年はソロギターに力を入れていたようで何枚かCD化されています、余談ですが僕が始めて手にしたジャズギターのCDはソロギターの名手、ジョー・パスの「ヴァーチュオーゾ#1」です。今聞くとジョー・パスの演奏には驚かされるばかりですが、スタンダード曲を全く知らない15歳くらいだった僕にはただの超絶技巧ギターアルバムでした、それはジョー・パスがテーマを匠みにフェイク(作り変える)ので、すごくとっつきにくかったのです、その10年ほど後にバン・エプスのソロギターを聴いた時には「こういう人を先に聴いていればよかったのに!」と、どうしようもない思いに駆られたことがあります。ジョー・パスも好きなのですが、以来僕はバップ奏者よりもスウィングスタイルのアーティストを求めるようになりました

ソロギターの他にはハワード・アルデンとの競演版も何枚かありもちろん悪くはないですがエレキギターでの演奏よりも、今回紹介するアルバムの方が僕は好きです

1曲目から9曲目はGeorge Van Eps、Eddie Millar、Stanley Wrightsman、のトリオで、ゆったりとしたテンポが多い選曲でありながらイージーリスニングというほど安直でもない落ち着いたジャズで、10から14まではバン・エプス中心のベース、ドラムトリオ。その他はアウトテイクです
前半の方がオススメです、バン・エプスのバッキングでのヨツギリ、ソロの時のコードワークなどは鳥肌もの!
ギターの音色はアコースティックにしてはサスティン(音の伸び)がありすぎる気がするので、もしかすると生音7、アンプ3くらいの割合でブレンドしているのかもしれないですが、聞こえてくる音は真にアコースティックです

1. Back Home はタイトル通りのイメージ郷愁を感じされるピアノからはじまる曲で、日本人の感覚に十分近いもの。イントロからStanley WrightsmanのピアノはもちろんEddie Millarのサックスも素晴らしい。バン・エプスはアルペジオのバッキングからソロギター風のソロをとります、これぞバン・エプス奏法といったものでメインテーマをストレスなく崩し、綺麗にまとめます
3. Ain't Misbehavin' は「浮気はやめた」の邦題でデキシーランドジャズなどでよく聴きます。ここでも短いですがバン・エプスのコードソロが光ります
6. Once In A While 後半からソロになりバンエプス奏法を堪能できる曲です
7. Love Is Just Around the Corner アルバムの中ではわりとアップテンポ、アコースティックのアーチトップギターでのヨツギリと、バンエプススタイルのソロが最高です
8. Stars Fell on Alabama このアルバムのメインとなる曲。ギタリストではこのブログでも紹介したFrank Vignolaや、ジョニー・スミスなども演奏していて「あなたと過ごした、あの夜のドラマが忘れられない」というバラードを、サックスのEddie Millarが甘いトーンで聞かせてくれます。耳を凝らすと聞こえてくるヨツギリ、ギターソロも気持ちいい
9. I'm Gonna Stomp Mr. Henry Lee ラストを飾るのはラグタイム風のピアノに、ヨツギリが心地いいゴキゲンナンバー。バン・エプスのヨツギリの真骨頂です。
後半の曲はアーリージャズギタリストのコンピや、Yazooレーベルの「Fun on the Frets」などで聞くことができますが、前半に比べるとすこし難解かもしれません、テクニック理論ともども超絶技巧なので一般受けはしないかもですが、バン・エプス奏法を知る上では貴重な録音です

バン・エプスのヨツギリ、バラードでの伴奏、コードソロなどこの一枚で十分に堪能できます
ヨツギリ好き、アコースティックスウィング好きをはじめ、ジャズギターを聴き始めて間もない方にもオススメです

このCDをAmazonで注文する

携帯から注文する

その他George Van Epsの作品を探す
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヨツギリTwitter
ヨツギリTwitter
プロフィール

Sassa1981

Author:Sassa1981
戦前、戦後ジャズギター愛好家です

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。