スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sweet & Lowdown ギター弾きの恋 サウンドトラック


1.I'll See You in My Dreams
2.Caravan
3.Sweet Georgia Brown
4.Unfaithful Woman
5.Viper Mad
6.Wrap Your Troubles in Dreams (And Dream Your Troubles Away)
7.Old Fashioned Love
8.Limehouse Blues/Mystery Pacific
9.Just a Gigolo
10.3:00 A.M. Blues
11.All of Me/The Peanut Vendor
12.It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing)
13.Shine
14.I'm Forever Blowing Bubbles
15.There'll Be Some Changes Made

このCDは素晴らしい!サントラとしてでなく、ジャズCDとして聴いても充分な内容にないっているアルバムです。

ギターはHoward Arden、サイドギターにBucky Pizzarelli、アレンジ・ピアノにDick Hymanという豪華キャストです!
なんといってもこのブログの最大の焦点でもある、バッキーの四つ切りがすごく良い!!
彼は先に紹介したジョンピザレリの父親で、7弦ギターを使い最高にスウィングした四つ切りバッキングを聞かせてくれる大ベテランミュージシャンです。
ソロをとるハワードアルデンも7弦ギターを使うベテランギタリスト、四年ほど前にT市ジャズストリートにゲストで来た際、サインと握手してもらいました!
二人とも確か使用ギターは(普段は)ベネデットだったと思います。この映画では主人公はジャンゴを意識しているため、ハワードはマカフェリモデルのギターを使ったと思われます。

とにかく全曲良い雰囲気で、デキシーランドジャズや、スウィングジャズのレパートリーです。
1.I'll See You in My Dreamsは、全曲中一番のおすすめ曲。Merle Travisの演奏などで有名な古いスタンダードで中盤三拍子になるという変則アレンジですが、バッキーのスウィングしまくりの四つ切りが聞けます。
3.Sweet Georgia Brown 8.Limehouse Blues/Mystery Pacific 11.All of Me/The Peanut Vendor 12.It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing) 13.Shine はジャンゴもやったスウィングのスタンダードナンバー。
ジプシースウィングのようなエキゾチックな感じはなく、モダンな雰囲気のハワードのソロと最高に気持ちのいいバッキーの四つ切りが絶妙にマッチしています。

僕はこのCDを買った頃からバッキーピザレリやハワードアルデンの名前を知り、ますます四つ切りの虜になっていったのでした。

このアルバムをAmazonで注文する

その他Bucky Pizzarelliの作品を探す

その他Howard Aldenの作品を探す

その他Dick Hymanの作品を探す

Sweet and Lowdownのギター譜を注文
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヨツギリTwitter
ヨツギリTwitter
プロフィール

Sassa1981

Author:Sassa1981
戦前、戦後ジャズギター愛好家です

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。