スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vintage 1981/Stephane Grappelli Martin Taylor(gt)


1. Blue Moon
2. It's Only a Paper Moon 3. Jamie
4. I'm Coming Virginia
5. I Can't Get Started
6. Do You Know What It Means to Miss New Orleans?
7. But Not for Me
8. If I Had You
9. Isn't She Lovely
10. Swing '42 [#]
11. Honeysuckle Rose [#]
[#]はBonous Track

順調に更新しています
今回は初グラッペリアルバムです。
このブログがどんどんコアな所に入っていくので皆さんご存知でしょうが、ひととおり説明しておくとグラッペリはジャズバイオリニストの大御所
1908年生まれ、ジャズギタリストのジャンゴラインハルトと「クインテット・オブ・ザ・ホット・クラブ・オブ・フランス」を組んでいたことで有名
1997年に亡くなるまでバイオリンを弾き続けたというスーパーミュージシャンです。

そのグラッペリバンドにマーチン・テイラーがいたときのアルバムで、もう一人はMike Gari。他のアルバムでは見ない名前なのでどういう人かは分かりませんがシンプルでいい感じのソロもとる人です。

このアルバムで珍しいのは、マーチンが四つ切りをしているという所!
ベースのJack Sewingはグラッペリライブの映像等でよく見ます。この人のベースもいいですね!やさしいスウィングでバンドをつつみ込むようなイメージです

もちろんグラッペリのバイオリンも歌いまくっています!
スタンダードの1. Blue Moon 2. It's Only a Paper Moon からこのバンドの気持ちよさがみなぎっていて、マーチンの四つ切りもザクザクいってます!
ギターソロを二人ともとりますが、Mike Gariのソロがまた難しいことをしなくて気持ちいい。マーチンと聞き比べると二人とも似たところがありますが、マーチンのほうがアタックが強いのと音数が多いですね
3. Jamie はマーチンのオリジナル、スムースジャズ風の曲でエレキピアノFender Roseを弾いてるのはグラッペリ。落ち着いた雰囲気でギターとエレピのデュオ
グラッペリのピアノはこの曲ではバイオリンを弾くときと違い、裏方に専念してフロントを支えるというもの。愛弟子の成長を見守るグラッペリの内側が少し見えた気がします
4. I'm Coming Virginiaは、ここではミディアムファーストで演奏されているスタンダード、ここから四つ切りとコンピングはギタリストが交代します。
この曲はマーチンテイラーのソロが大きくフィーチャーされていて聞き所満載。
これぞグラッペリバンド!といいった風にスウィングしています
5. I Can't Get Started (日本題 言い出しかねて)もスタンダード曲。
グラッペリはエレキバイオリンで録音していて、ここでもマーチンのギターとバイオリンのデュオ。テーマをとるグラッペリはもちろんですが、マーチンの綺麗なフィンガーピッキングも心地いい
6. Do You Know What It Means to Miss New Orleans? も古めのスタンダードで、僕は大好きな曲です。
ここではマーチンがフィンガースタイルでのバッキング、Mike Gariが四つ切りしていますがマイクの四つ切りはそれほどよくはありません。シャリシャリしていてアコースティックギターの鳴りをあまり出していない音色です。
演奏自体はミディアムテンポで、マーチンのギターソロもいい感じ
7. But Not for Meはファーストテンポのスウィングで、マーチンのソロやグラッペリの掛け合いなどすべてにおいてスウィングしまくりで、このアルバムさでの最高潮をむかえます!! 
8. If I Had Youもスタンダード。マーチン抜きでイントロからマイクのギターが大きくフィーチャーされています。四つ切りはあまりですがこの人のギター、僕は好きですね!他のアルバムを探していますが見つかりません
9. Isn't She Lovely はスティービーワンダーのポップ曲ですが、もはやジャズスタンダード化してますね。
ジャンゴが生きていれば、演奏したかは分かりませんがグラッペリバンドがやればしっかりスウィング曲になります。(まぁメロディーがポップなのでポップには聞こえますが…)
10.Swing '42はリズムチェンジ曲で軽快なスウィング。
ボーナストラックというのにはもったいないくらいグラッペリのバイオリンが歌います、マーチンのギターソロもカッコよく、Jack Sewingのベースも最高にスウィングしています。
11. Honeysuckle Roseはスウィングのスタンダードで誰もが演奏しています。
もはやこの曲では定番化したアレンジ、前半はマーチンのフィンガーギターとバイオリンでミディアムスローでの複線を弾き、他のメンバーでファーストテンポにいきます。ここで面白いのはマーチンとMike Gariのバッキングが交差するところ。
ソロをMike Gariがとっているときはマーチンが四つ切りして、その後マーチンがテーマを弾くときにはマイクが四つ切りになります。
録音次第ではなんてことはないものですがアレンジとしては面白い。

、とグラッペリを始めに紹介しながらギタリストの事しか言っていませんでしたが、もちろんグラッペリはテーマもソロも完璧にスウィングして「グラッペリと一緒に演奏するとギタリストは体が勝手にスウィングしてしまうんだろうな!」と思うほどです

僕の誕生年も、アルバム名も「1981」
運命を感じようとも、そうでなくても出会ったら名盤だと思う事に違いはありません

このアルバムをAmazonで注文する

その他Stephane Grappelliの作品を探す

その他Martin Taylorの作品を探す
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヨツギリTwitter
ヨツギリTwitter
プロフィール

Sassa1981

Author:Sassa1981
戦前、戦後ジャズギター愛好家です

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。