スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Salut to Django/Helmut Nieberle


1 Swing For Django
2 It's You Or No One
3 Sweet And Lovely
4 Lady G's Delight
5 Bob's Chops
6 Danny Boy
7 Augustine
8 The Song Is You
9 Romeno Baschepen
10 Says You
11 Pra Dizer Adeus
12 You Do Something To Me
13 It Had To Be You

このアルバムも偶然ネットで見つけたもので、「ジャンゴに捧げる」という結構いろんな人がつけているタイトル。
モダンジャズギター系の人ならジャンゴのよくやった曲をモダンアレンジにして無理やり弾くというパターンが多いのですが、この人は違いました。
ヘルムート・ニーベルというドイツ系のギタリスト、ジャンゴフレーズとモダン両方いけるというちょうどニール・アンダーソンのようなタイプで、このアルバムではマカフェリギターと、ギブソン1948年L-5ノンカッタウエイを使っているようです。

1 Swing For Djangoはジャンゴスタイルをバリバリに意識した曲、マイナー調でジャンゴフレーズもふんだんに使っています。
スタンダードの3 Sweet And Lovelyはクラリネットをメインに持ってきているスウィング!といった感じのアレンジ。
なんと言ってもこのアルバムの目玉は6 Danny Boy、ここではL-5を使って演奏していて、イントロの綺麗にまとめたソロに続いてアンサンブルに入ります。意外にダニーボーイはスウィングに合いますね。
8 The Song Is Youはジェローム・カーンのスタンダード、いい曲ですね~
これもイントロにギターのソロから入るという似たような構成。
12 You Do Something To Meはコール・ポーターのスタンダードで、いい感じ。
最後にリラックスという雰囲気の13 It Had To Be You。
これはウクレレで演奏していて、また違った雰囲気で面白い。

四つ切りはというと「ジャンゴに捧げる」というだけあってどちらかといえば2ビート寄り。
けれどL-5を弾いている時はジャンゴスタイルのように聞こえないので面白いアルバムです。
僕はHelmut Nieberleのアルバムをこれしか持っていないのですが、他のを聴くと彼のスタイルの全貌が見えるかも。
また聴いてみます。

このアルバムをAmazonで注文する

その他Helmut Nieberleの作品を探す
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヨツギリTwitter
ヨツギリTwitter
プロフィール

Sassa1981

Author:Sassa1981
戦前、戦後ジャズギター愛好家です

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。