スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

We Four: The Best of the Ink Spots

We Four: The Best of the Ink Spots


1. We Three (My Echo, My Shadow And Me)
2. If I Didn't Care
3. Maybe
4. When The Swallows Come Back To Capistrano
5. I Don't Want To Set The World On Fire
6. Address Unknown
7. Do I Worry?
8. So Sorry
9. Prisoner Of Love
10. I'd Climb The Highest Mountain
11. Into Each Life Some Rain Must Fall
12. The Gipsy
13. My Prayer
14. Puttin' And Takin'
15. Whispering Grass
16. Thoughtless
17. Ev'ry Night About This Time
18. To Each His Own
19. Don't Get Around Much Anymore
20. I'm Beginning To See The Light
21. Someone's Rocking My Dreamboat
22. Until The Real Thing Comes Along
23. When The Sun Goes Down
24. Bless You

前回に引き続き、コーラスグループの紹介です。インクスポッツはメンバーを替えがえ、現在も活動しています。

興味がなければ読み飛ばして結構ですが、Fall OutというGameをご存知でしょうか?
PC、PS3やXboxなどで販売されており、核戦争後、1960年位で文化が止まってしまったまま放射能にまみれた世界で主人公が物語を進めていくというものです。全然ヨツギリと関係なさそうに聞こえますが、このGameのBGMは実際のアーティストによる音源が使われています。軽快なジャズがほとんどで、ゲームのメインテーマのようにインクスポッツの楽曲が多々使用されています。

5. I Don't Want To Set The World On Fireでは
僕は世界に火をつけたいわけじゃない、
ただ、君の心に炎を灯したいだけなんだ。

といった和訳になりますが、set the world on fireというのは世界を興奮させる(名を上げる)と言った意味で、1941年にリリースされたこの曲は世界大戦時の時代背景から来ていると言えます。もう1つはゲームの世界観である核戦争という部分と、世界に火をつけるというフレーズとをリンクさせているのだと思います。
ブログテーマから少し離れてしまいましたが、インクスポッツの楽曲は全て良い雰囲気が出ています。イントロが全部一緒だとか、歌→語り→歌といった形式ばったものから離れないという所はありますが、オールドタイムなアメリカの雰囲気は感じ取れると思います。

このアルバムはベストと言うことで、十分にインクスポッツを満喫できる内容となっています、全曲4ビートのリズムギターも心地良いですし、Allan Beche Big FourのギタリストBob Learyがライブで披露している2. If I Didn't Care、マーチン・テイラーもよく演奏する12. The Gipsy エラ・フィッツジェラルドとの競演19. Don't Get Around Much Anymore、定番スタンダード20. I'm Beginning To See The Lightなど、ジャズファンにも馴染み易い内容となっています。

◎落ち着いたコーラスグループの曲が聞きたい

◎落ち着いたアコースティックギターのイントロを集めている

◎The Gipsyって、歌詞あったんですか

◎Fall Outの超絶ファンだ!

といった方には是非オススメです。


このアルバムを注文

その他、アルバムを探す
スポンサーサイト

ザ・ミルス・ブラザース:初期傑作集

mills


1. タイガー・ラグ
2. グッバイ・ブルース
3. セントルイス・ブルース
4. ノーヴァディーズ・スウィートハート
5. ロッキン・チェア
6. ベイビー・ウォント・ユー・プリーズ・カム・ホーム
7. ユー・ラスカル・ユー
8. スウィート・スー、ジャスト・ユー
9. アイ・ハード
10. ハウ・アム・アイ・ドゥーイン、ヘイ、ヘイ
11. エニー・タイム、エニー・デイ、エニウェア
12. スイングしなけりゃ意味がない
13. コニー・アイランド・ウォシュボード
14. ジ・オールド・マン・オブ・ザ・マウンテン
15. スモーク・リングス
16. プット・オン・ユア・オールド・グレイ・ボネット
17. ジャングル・フィーヴァー
18. ナガサキ
19. レイジー・ボーンズ
20. フィドリン・ジョー

最近は真面目にギターを弾こうと思い、いろいろと買ったCDやレコードを整理していました。スウィングのライブって言っても、ひたすらインストでやるにはニッチ過ぎるなということで思い出したボーカルもの。
そこでこのミルスブラザーズの登場です。ボーカルというより、コーラスグループで楽器は4弦のギターのみ。
4弦のテナーギターなのか、ただのギターなのかは不明ですが、このギターの刻みがとてもスウィングしていて、より雰囲気が出ています。
コーラスで和音をつくり、フロントは手でトランペットの音まねをやるという、正真正銘のアコースティックグループです。

スウィング好きで聞いたことのない人は是非とも一度聞いてもらいたいので、1曲ずつの紹介はしませんが、1曲目の軽快なタイガーラグやエディ・ラングも演奏していた4.ノーヴァディーズ・スウィートハート、8.スウィート・スー、12. スイングしなけりゃ意味がない、18. ナガサキなどスウィングの名曲満載です。その他も全ておすすめ

◎コーラスグループのスウィングジャズものを探していた

◎ボイストランペットってなんや?

◎究極のアコースティック小編成を求めている

◎ボチボチハモネプリーグに登録しようと考えていた

といった方におすすめです

このアルバムを注文する

その他のアルバム

The Guitar Quintet Of Bucky Pizzarelli

The Guitar Quintet Of Bucky Pizzarelli

1. Davenport Blues 2:17
2. Candlelights 4:56
3. Flashes 2:33
4. In the Dark 2:55
5. In a Mist 4:52
6. Stage Fright 2:45
7. Danzon 2:57
8. Afterthoughts, Pt. 1 3:03
9. Afterthoughts, Pt. 2 1:31
10. Afterthoughts, Pt. 3 2:16
11. Sutton Mutton 2:30
12. Peg Leg Shuffle 2:16
13. Love Song 3:10

今回は超ローカル路線というか、マニアック路線というか、のアルバム紹介です
リーダーはバッキー・ピザレリ。ギタークインテットということで、他メンバーはアート・ライアーソン、バリー・ガルブレイス、アレン・ハンロン、トニー・モットーラ、ハウィー・コリンズ
ハンロン氏とコリンンズ氏は知りませんでしたが、そうそうたるメンバーであることは間違いなしです
そのメンバーで何をやるかと言ったら、ビックス・バイダーベックのピアノ曲!という相当マニアな企画です
ビックス・バイダーベックは、伝説になるジャズマンに多い、「まともに音楽教育をうけていなかった」とか「譜面は読めないが、アドリブはすごい」とか「27歳にしてアルコール中毒で夭折」とか、そういった要素をすべて持ち合わせていた人物で、今なお1部のジャズファンに指示されています
そんな悲劇のヒーローの生んだピアノ曲は、「暗い」「葛藤」「混沌」といったものの中に「繊細さ」「ユーモア」「微かな光」が垣間見えるといったイメージです
それらをリスペクトするバッキーがAUDIOPHILEと組んで「ギター5人でやっちまうか!」と勢いよく録音したのでしょう
前半から5人ギターでのアンサンブルは圧巻で、1. Davenport Blues 、2. Candlelights 、3. Flashes などは原曲はそこまで暗くないのに、より暗く感じてしまうアレンジ
4. In the Dark 5. In a Mistは原曲が有名ですが、暗いを通り越している感じがします
個人的にはこれら全てエレキで録音されているので、生音で録ってほしかったですね

それ以降はカール・クレスとディック・マクドノウの曲をバッキーの娘、マリーと録音しています。この編成はバッキーの「Green Guitar Blues」でも聞くことが出来ます
そしてバッキーのソロでクレスのAfterthoughts三部作を超絶に暗く演奏しています
11. Sutton Mutton 2. Peg Leg Shuffle 13. Love Song これらもクレスの曲をバッキーがソロで演奏。珍しくフィンガーピッキングで演奏している部分もあります
おそらくテーマは「暗」だったのでしょう
暗いだけなのか、ただ地味なだけのか、それすら判断が危うくなる珍アルバムです

◎ビックスのピアノ曲をギターで聴きたいと思っている

◎マクドノウが亡くなって、彼に捧げたAfterthoughts三部作をじっくり聴きたい

◎クレスの名曲をバッキーバージョンで楽しみたい

◎バッキーピザレリのCDを買うにあたって、人柱になってもいいと思っている

◎暗いギターって何?

と思った方は聴いてみてください

このアルバムを注文

その他バッキーのアルバムを探す

その他アート・ライアーソンのアルバム

その他バリー・ガルブレイスのアルバムを探す

その他トニー・モットーラのアルバムを探す
ヨツギリTwitter
ヨツギリTwitter
プロフィール

Sassa1981

Author:Sassa1981
戦前、戦後ジャズギター愛好家です

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。