スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xmas Guitar Collection/Tony Mottola


1 Santa Claus Is Coming to Town (02:30)
2 It Came Upon a Midnight Clear/O Come All Ye Faithful/O Holy Night (04:01)
3 Greensleeves (03:04)
4 Christmas Song (02:53)
5 We Three Kings of Orient Are (01:12)
6 God Rest Ye Merry Gentlemen (00:42)
7 White Christmas (02:31)
8 Have Yourself a Merry Little Christmas (03:07)
9 O Little Town of Bethlehem/Silent Night/The First Noel (03:28)
10 Christmas Prayer (01:53)
11 Let It Snow/Winter Wonderland (02:47)

このブログではその時気に入ったアルバムを紹介するだけでしたが
今回は(自分で言うのもなんですが)珍しく季節にあったCDの紹介です

硬派なジャズファンなら「なんでぇ!クリスマスのアルバムかよ!バイショー(商売)の匂いがプンプンしやがるぜ!ケッ」
とも言われそうですが、このアルバムはトニー・モットーラがメイン

トニー・モットーラといえば、古いところで言えばカールクレスとの超絶アコースティックデュオ、シナトラなどのバックでの演奏やイージーリスニングのギターなどで有名です
「ほらみろ、やっぱイージーリスニングだろが」
と、硬派ファンに言われる前に内容を言うと、これは全編ギターデュオです
もう一人のギタリストは、どこにも書いてありませんがバッキーピザレリ!!

「トニーモットーラのクリスマスアルバム」
とただ聞くとただのイージーリスニングのイメージがつきますが

「トニーモットーラとバッキーピザレリのクリスマス曲ギターデュオ」
となるとだいぶ印象は変わります

バックにストリングスやエレピの音なども入らないので、この時期にしっとりと聞きたいならば良いアルバム
このアルバムをコピーしてギターデュオをやるのもいいかもしれません


ギターデュオですが、メインのトニーモットーラは曲によりエレキギターとガットギターを持ち替えます
使用エレキは恐らくですがモットーラがギブソンES-335。バッキーがベネデットです

いまさら解説するほどの曲ではないですが
1 Santa Claus Is Coming to Town
エレキのギターデュオ、ゆったりとしたリズムでフェイクしたテーマや途中のボサ調になる部分など、トニーモットーラのギターと七弦ギターのバッキーで単純な曲でも飽きさせないアレンジです

2 It Came Upon a Midnight Clear/O Come All Ye Faithful/O Holy Night
今度はガットギターでジャズ的な部分はなく、丁寧なアレンジ

3 Greensleeves
トラディショナル、ウェスモンゴメリーの演奏、電話の保留音、などでお馴染みのこの曲、エレキでしっとりとした雰囲気を聞かせてくれます

4 Christmas Song
モットーラとバッキーの息のあったデュオ作品に仕上がっています
バッキーによるイントロから、モットラのテーマの歌いまわしテーマをフェイクしたソロなど聞きごたえ充分な豪華なアレンジ

5 We Three Kings of Orient Are
賛美歌。クリスマスソングとしては良く聞くのでしょうが普段はあまり馴染みないですね。テーマだけをガットで丁寧に聞かせてくれます

6 God Rest Ye Merry Gentlemen
この曲も定番。Mrビーンのクリスマスの話で、マーチングバンドにビーンが指揮棒を振っていたのがこの曲ですね
キメウチのアレンジ、ギターデュオ

7 White Christmas
ジャズでならナットキングコールのバージョンが一番印象的なこの曲
このバージョンもクリスマスにあった(当たり前か)聞きごたえのあるバージョンです

8 Have Yourself a Merry Little Christmas
エレキデュオ。バッキーのバッキングも、聞かせるモットラのギターもこのアルバムの中で一番光っています

9 O Little Town of Bethlehem/Silent Night/The First Noel
ガットでのメドレーです。素朴ながらもモットーラのギターの歌い回しが効いています

10 Christmas Prayer
僕にはあまり馴染みのない曲ですが、良いギターデュオです
4ビートではなく、ポップスに近いアレンジ

11 Let It Snow/Winter Wonderland
ラストは楽しい雰囲気の2曲
二人のアルペジオでアンサンブルに凝った部分など、雰囲気を盛り上げてアルバムは終了します

ジャズよりかはイージーリスニングに近いですが、ベテランギタリストによるギターデュオ、つまらない訳はありません

◎クリスマスのギターCDを探している

◎イージーリスニング的なクリスマスアルバムが聴きたい

◎来年の「クリスマスお楽しみ会」のためにギターデュオをはじめようと思っている

などの方にお勧めです、僕が買った時は700円くらいでしたので、
騙されたと思って、もしくはネット通販の送料無料の穴埋めにくらいの気持ちの方~クリスマスギターアルバムの真髄を知りたいまで、充分満足いけるアルバムです

この商品をアマゾンで注文する

携帯から注文

その他Tony Mottolaの作品を探す

その他Bucky Pizzarelliの作品を探す

スポンサーサイト
ヨツギリTwitter
ヨツギリTwitter
プロフィール

Sassa1981

Author:Sassa1981
戦前、戦後ジャズギター愛好家です

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。